小説コスメディナ(3) 紫陽花の雨雫

小説コスメディナ(3) 紫陽花の雨雫

好きな花は何?って聞かれたら、一番に思いつくのは青い紫陽花(あじさい)。

 

紫陽花

 

あでやかに主張するような色ではないけれど、梅雨の曇り空のグレー色に静かに映える紫陽花は、とても美しいと思う。

 

雨上がりに雨の雫をたくさんのせながら、静かに、でも真っ直ぐにたたずんでいる紫陽花は、悲しみの涙にくれても、前に進んでいく女性のようにも見えた。

 

 

真夏の青空に咲く向日葵(ひまわり)のような、明るく輝く美しさもとても素晴らしいのだけれど、一方で、曇り空にこそ映える紫陽花もとても美しいと思うのだった。

 

悲しいとき、つらいときにこそあらわれる、人の魅力というのもあるのかもしれない。

 

 

小説コスメディナ過去作品


小説コスメディナ(1) 空花色の口紅


image
小説コスメディナ(2) 黒色のペディキュア

 

SNSで更新情報を配信中

小説コスメディナの更新情報はツイッターフェイスブックでお知らせしています。

ぜひお気軽にフォローしてください。

 

 

 

↓   良いと思ったらシェアをお願いします   ↓

コメント

ご質問やご感想をお気軽にコメントください。

ページの上へ