コラーゲン

美容に欠かせない成分「コラーゲン」。

誰もが聞いたことがあって、お肌がプルプルになる、ハリが出る、といったイメージが定着していますが、実際、コラーゲンって何なのかと聞かれると、良く分からない方も少なくないのでは?

コラーゲンとは何なのか、どのような働きがある成分なのかについてご紹介いたします。

 

肌のハリはコラーゲンでつくられている

コラーゲンとは、主成分がアミノ酸で、繊維状になっているたんぱく質の1種で、皮膚や靭帯、骨、軟骨などに存在し、細胞と細胞をつなぐ役割があります。

コラーゲンは皮膚の中では、表皮の下層にある真皮の中に存在していて、真皮の70%はコラーゲンの繊維でできており、肌のハリや弾力を生む働きをしています。

 

また、さらに、コラーゲンは水を抱え込む性質があり、内部にヒアルロン酸や水分を抱え込んでくれるので、みずみずしくハリのある肌を保つためになくてはならないものなのです。

 

直接食べても、化粧品で与えてもコラーゲンは増えない!?

 

肌の老化を防いで、ハリと弾力のある肌を保つには、コラーゲンが不可欠になるのですが、コラーゲンは飲んだり食べたりしても増えることはまずありません。

これは化粧品でも言えることです。

コラーゲンの持つ水分を抱え込む力が高いので、コラーゲン入りの化粧水をつけると、肌がプルプルになったと感じますが、実は外から与えるだけでは肌内部のコラーゲンは増えないのです。

 

なぜコラーゲンを摂取しても増えないのかというと、それにはコラーゲンの「分子量の大きさ」が関係しています。

 

コラーゲンは、たくさんの分子が、らせん状に絡まった形で存在していて、通常のコラーゲンの分子量は10~30万です。

そのような分子量が大きい状態では、人の体内には吸収されづらく、肌の表皮でうるおいを貯めることはできても、そのさらに深層にある、真皮まで浸透することはできません。

より少ない分子量(数百など)の低分子コラーゲンもあり、低分子コラーゲンの方が、より肌の奥まで吸収されやすくはなりますが、それでも、角質層を通りぬけて、肌の真皮まで届くということはありえず、真皮にあるコラーゲンを外から補給することはできないのです。

 

コラーゲンは体内の繊維芽細胞というところで2~3年かけてゆっくりと作られていますが、この繊維芽細胞は紫外線や老化の影響で働きが弱くなってきてしまいます。

しっかりとしたコラーゲンを作り、肌のハリ・弾力をキープしたいのなら、繊維芽細胞の老化を食い止め、本来の力を十分に発揮させるためのサポートすることも大事です。

 

コラーゲンを外から与えるのではなくて、からだの内外両方からのケアを大切にして、コラーゲンをつくる肌本来の力を落とさないようにしましょう。

 

保湿成分としてのはたらき

真皮層まで浸透しなくても、コラーゲンは表皮層で水分を抱え込み、うるおいをキープしてくれる作用は高い成分なので、保湿成分として化粧品でも使われています。

化粧品として使う場合は、コラーゲンを水に溶かした水溶性コラーゲンというかたちで使われることが多いです。

乾燥は肌の老化の原因となってしまうので、しっかりと保湿するという意味では、コラーゲン入りの化粧品を使うことは老化防止に大きな意味があります。

同じように保湿力の高い、セラミドやヒアルロン酸も一緒に入っている化粧品をつかうことで、さらに効果が期待できます。

 

コラーゲン配合の化粧品

コメント

ご質問やご感想をお気軽にコメントください。

関連記事

CATEGORY
乾燥肌

リン脂質

あまり聞きなれない「リン脂質」という言葉。〝脂質″と付いていますが、これも立派な保湿成分の一つなのです。 ここでは多くの...

CATEGORY
乾燥肌

1.3BG

今かなり多くの化粧品に配合されている1.3BG。化粧品の裏を見てみると「BG」という表記がありますが、1.3BGのことを...

CATEGORY
乾燥肌

グリセリン

現在売られている化粧品にはほとんどと言っていいほど配合されているグリセリン。 甘みと粘性が高いため、食品や薬などにも使わ...

CATEGORY
乾燥肌

コウジ酸

現在コスメ市場にはお米を使った化粧品がたくさん出回っています。お米を使った化粧品は「コウジ酸」という成分が含まれています...

コスメディナへようこそ。
コスメディナは、「本物」を求める女性のためのコスメサイトです。

さまざまな肌悩みをもつ女性たちが、それぞれの悩み向けのコスメを一人で全部一通り試して、本音でレビューしています。

詳しくはこちらをご覧ください。

最近の人気記事

コスメディナ(レビュアー)一覧

カテゴリー一覧

Facebookで更新情報を配信中!

ページの上へ